からだ再生整体 Da Binji(ダ・ビンジ)

なぜ、腰痛・ヒザ痛・頭痛で悩んでいたあの人が、わずか数回の施術で、楽になってしまったのか?なぜ、便秘・ポッコリお腹だったあの人が、安心のソフトな施術で、スッキリしてしまったのか?
 052-262-3060
お問い合わせ

フォトアルバム

温泉(2016.5.31~6.3)北東北の秘湯(乳頭温泉郷編)

乳頭温泉郷 鶴の湯温泉 の看板

酸ヶ湯温泉”ヒバ千人風呂”にて、内湯文化・混浴文化と上質温泉を堪能。
五湯目は、青森から秋田へ戻り、あの魅惑
乳白色の秘湯に、歩を進めます!

 

R103~R394~R102 を経由して黒石ICで東北自動車に入り、盛岡方面へ南下。

鹿角八幡平ICで下車し、R341を田沢湖方面へ南下。

田沢湖近辺から県道127号~194号を経由し、山道を13kmほど上がります。

しばらくすると、小さな林道の入口付近に”鶴の湯温泉”の看板が。

2016-08-15 11:35:45

山道より臨む、鶴の湯温泉 別館 山の宿

その林道に入り、舗装されていない道を5分程走ると、ようやく見えて参りました、

今回お邪魔する ”鶴の湯(つるのゆ)温泉 別館 山の宿”。(秋田県仙北氏)

鶴の湯温泉”は、”古の秘湯情緒そのままの風情”と”美しい乳白色の混浴露天風呂

で名高い、乳頭温泉郷を代表する名湯です♨

乳頭温泉郷は、”鶴の湯”の他に”黒湯””蟹場””妙乃湯”などの個性的な7つの温泉

 (全て一軒宿)の集合体、です。 

2016-08-15 11:39:44

鶴の湯温泉別館 山の宿 の玄関

今回は、その”乳白色の混浴露天風呂”で有名な”鶴の湯温泉”の”本館”ではなく、本館

から1kmほど離れた場所にある、”別館 山の宿”。

”昼間は観光客が溢れる”事が多い”本館”とは趣を異にする、”離れの隠れ家的なお宿

といった風情。

2016-08-15 11:41:25

山の宿の玄関&フロント

その”離れの隠れ家”風の玄関の階段を上がると、落ち着き小じんまりとした玄関&フロント

で明るいスタッフがお出迎え。

チェックインを済ませると、お部屋に向かいます。

2016-08-15 11:42:27

木造の宿泊棟の廊下

フロントのある本館から、宿泊棟に向かいます。

木造の廊下を歩いていると、館内の静謐な雰囲気を感じます。

2016-08-15 11:45:16
1 2 3 4 5 6