からだ再生整体 Da Binji(ダ・ビンジ)

なぜ、腰痛・ヒザ痛・頭痛で悩んでいたあの人が、わずか数回の施術で、楽になってしまったのか?なぜ、便秘・ポッコリお腹だったあの人が、安心のソフトな施術で、スッキリしてしまったのか?
 052-262-3060
お問い合わせ

フォトアルバム

温泉(2016.5.31~6.3)北東北の秘湯(国見温泉編)

乳頭温泉郷を下り、途中の丘から田沢湖を臨む

乳頭温泉郷・鶴の湯にて、乳白色の良泉と秘湯風情溢れる混浴露天を堪能。

いよいよ、今回の温泉探訪最後の秘湯、岩手の国見温泉へ向かいます♨

 

乳頭温泉郷を後にし、県道194号・127号を田沢湖方面に下ります。

田沢湖近辺まで下ると、R341を南下、R46を東進し、岩手県方面に向かいます。

2016-08-15 16:39:19

R46の脇、県道266号の入口ゲート

R46の峠の県境を超えて岩手県に入り、10分程進むと、左手に国見温泉に向かう県道266号

の入口が見えてきます。 この入口付近には、鉄のゲートがあります。

 

何故、この県道入口にゲートがあるかと言うと、概ね11月~5月初の雪のシーズンは

豪雪で通行が困難になるとの事で、安全の為、ゲートを閉めて通行止めにするのです。

まさに、豪雪地帯ならでは、ですね

2016-08-15 16:42:24

国見温泉 石塚旅館 の外観

そんな山岳地帯の県道266号を上がる事15分、山頂近くまで上がった辺りで、ようやく

見えてきました、今回日帰り温泉でお邪魔する”国見温泉 石塚旅館”さん。

(岩手県岩手郡雫石町)

 

温泉大国日本にあっても、極めて希少な”エメラルドグリーン”色の温泉を称える、

岩手県を代表する魅力的な温泉です。

2016-08-15 18:46:41

気さくな女将さんと、”名古屋から来た”旨を伝え、しばし温泉談義。

入浴料(¥500/人)をお渡しして、奥の浴室へと向かいます。

昔の銭湯の味わいの湯屋入口。正面暖簾は内湯入口、右扉を外に出ると混浴露天風呂に。

2016-08-15 18:48:11

国見温泉 石塚旅館 の男女別内湯

まずは、男女別の内湯に向かいます。

浴槽は、少し古くて小さ目ですが、温泉好きにはピンとくる、何とも言えない味わい。

(旅館棟には、宿泊専用の、これより新しく大きな大浴場がある、との事。)

泉質は、含硫黄-ナトリウム‐炭酸水素塩泉

成分総計は、まずまず濃い目の 4,842mg/kg

湧出量は、”石塚旅館薬師の湯”単独でも余裕の 190ℓ/分

 

2016-08-15 18:49:51
1 2 3
2018.11.20 Tuesday