Da Binji 界隈の秋(2016.11.23&12.5)

  • Da Binji 近くの大池公園①

  • Da Binji 近くの大池公園②

  • 久屋大通り公園フラリエの正面より

  • 池の畔の紅葉②

  • 池の畔の紅葉①

  • 休憩所の周り 竹藪と紅葉①

  • 休憩所の周り 竹藪と紅葉②

  • 庭園でのウェディング

  • おまけ 竹藪と紅葉①

  • おまけ 竹藪と紅葉②

  • 鶴舞公園の池の畔の紅葉①

  • 鶴舞公園の池の畔の紅葉②

  • 鶴舞公園の池の畔の紅葉③

  • 風情ある散策路の紅葉

  • 森の小さな広場の紅葉①

  • 森の小さな広場の紅葉②

  • 池の水面には、ビルと紅葉が微かに映って。。

  • おまけ。一本伸びる、銀杏。

Da Binji 界隈の秋(2016.11.23&12.5)の詳細はこちら

温泉(2016.5.31~6.3)北東北の秘湯(国見温泉編)

  • 乳頭温泉郷を下り、途中の丘から田沢湖を臨む

  • R46の脇、県道266号の入口ゲート

  • 国見温泉 石塚旅館 の外観

  • 国見温泉 石塚旅館 の男女別内湯

  • 建屋・露天風呂のすぐ横の源泉湧出地

  • 国見温泉 石塚旅館 の混浴露天風呂①

  • 国見温泉 石塚旅館 の混浴露天風呂②

  • 国見温泉の浴槽の底に溜る源泉成分

  • 国見温泉の浴槽に固まる源泉成分①

  • 国見温泉の浴槽に固まる源泉成分②

  • 国見温泉のベンチから絶景を臨む

  • 国見温泉 石塚旅館 の混浴露天風呂③

温泉(2016.5.31~6.3)北東北の秘湯(国見温泉編)の詳細はこちら

温泉(2016.5.31~6.3)北東北の秘湯(乳頭温泉郷編)

  • 乳頭温泉郷 鶴の湯温泉 の看板

  • 山道より臨む、鶴の湯温泉 別館 山の宿

  • 鶴の湯温泉別館 山の宿 の玄関

  • 山の宿の玄関&フロント

  • 木造の宿泊棟の廊下

  • 宿泊棟から中庭・本館を臨む

  • 山の宿の客室

  • 山の宿の貸切風呂

  • 山の宿の貸切内風呂

  • 山の宿の貸切露天風呂

  • 鶴の湯温泉の本館~別館を結ぶ、爽快な林道

  • 鶴の湯温泉本館 を臨む

  • 鶴の湯温泉本館 の玄関?

  • 宿泊棟とお風呂棟の間に流れる渓流

  • 混浴露天に入る前の内湯(源泉”中の湯”)

  • 誰もいない!混浴露天風呂(源泉”白湯”)

  • 美しい乳白色の鶴の湯温泉

  • 本館から帰宅、夕暮れの”別館 山の宿”

  • 食事処の囲炉裏端

  • ”野菜のスモーク”!と”山菜三品”

  • 前菜、剝いて頂く”竹の刺身”!

  • ”山菜とエビの真丈揚げ”

  • ”囲炉裏での炙りもの”&岩魚山椒塩焼き

  • ”鶴の湯名物 山の芋鍋”!

  • 渓流の小橋の向こう、男女別内湯棟

  • 鶴の湯温泉本館の男女別内湯”白湯”

  • 鶴の湯温泉本館の男女別内湯”黒湯”

  • 鶴の湯温泉 別館 山の宿 の乳白色の露天

温泉(2016.5.31~6.3)北東北の秘湯(乳頭温泉郷編)の詳細はこちら

温泉(2016.5.31~6.3)北東北の秘湯(酸ヶ湯温泉編)

  • 日本海の荒波と五能線

  • 日本海の海岸線を爽快ドライブ!

  • 日本海の荒々しい海岸線

  • 日本海の波しぶき!

  • 鯵ケ沢町”海の駅 わんど”の”リンゴのソフトクリーム”

  • 雄大な津軽富士”岩木山”

  • 弘前城と弘前公園(桜は無いですが。。)

  • 青森 八甲田山の山麓

  • 酸ヶ湯温泉の玄関

  • 酸ヶ湯温泉のフロント

  • 酸ヶ湯温泉の売店で”湯あみ着”を購入

  • 酸ヶ湯温泉の混浴内湯の入口

  • 酸ヶ湯温泉の混浴内湯

  • 極上温泉を堪能、酸ヶ湯温泉を振り返る

温泉(2016.5.31~6.3)北東北の秘湯(酸ヶ湯温泉編)の詳細はこちら

温泉(2016.5.31~6.3)北東北の秘湯(黄金崎不老不死温泉編)

  • ようやく見えてきた、青森、日本海の荒波

  • 岡崎夕陽展望台へ

  • 岡崎夕陽展望台からの景観

  • 黄金崎不老不死温泉の入口

  • 黄金崎不老不死温泉の新館玄関

  • 不老不死温泉の男女別内湯

  • 男女別の露天風呂①

  • 男女別の露天風呂②

  • 不老不死温泉の混浴露天風呂

  • 不老不死温泉の食事処①

  • 不老不死温泉の食事処②

  • 不老不死温泉の夕食

  • 不老不死温泉の朝食

  • 黄金崎不老不死温泉の看板前で、出発前の Da Binji 号

温泉(2016.5.31~6.3)北東北の秘湯(黄金崎不老不死温泉編)の詳細はこちら